TOP     SORA     SHOP     ARCHIVE     ENTRY     CATEGORY     CONTACT
<< 熊本地震チャリティーTシャツ | main | 受注確認メールを送信いたしました >>
2016.04.19 Tuesday

熊本災害義援金チャリティーTシャツ販売

こちらのブログには、私の思いの丈をありのままに書き綴りたいと思っております。
少し乱暴な言葉があったり、失礼なこともあるかもしれません。
大変身勝手ではありますが、予めご了承くださいますようお願いいたします。

先日のブログでも書かせていただきましたが、平成28年4月14日に発生した熊本地方を震源とする地震により被害に遭われた方々へ義援金をお送りすべく、studio SORAではチャリティーTシャツを販売いたします。
販売によって得た利益は、日本赤十字社が受け付けております「平成28年熊本地震災害義援金」を通じ全額を寄付させていただきます。
下記のリンク先にも記載されておりますが、こちらに寄付された義援金は、被災地に設置された義援金分配委員会を通じて、全額を被災された方々へ届けられます。
▶日本赤十字社「平成28年熊本地震災害義援金」 http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

今回のチャリティーTシャツですが、販売する理由が理由なので、一人でも多くの方に買っていただきたいと思いました。
Tシャツにstudio SORAのロゴをプリントしたところで、果たして何人の方が買ってくださるのか?
たぶん売れない…。

そこで思いついたのが、studio SORA web storeでお世話になっているメーカー様にお願いし、メーカーの顔とも言えるロゴをご提供いただくこと。
各メーカーのロゴを格好良くデザインしてプリントすれば、各メーカーのファンの方にも買っていただけるかもしれないし、より多く売れるのではないかと。
一日でも早く実行せねばと思い、朝も早くから11社の代表の方にお願いの連絡をいたしました。
結果、1社からも断られることがなく、みなさん「是非!!」と快く承諾していただき、このようなデザインが完成することができました。

 

熊本災害義援金チャリティーTシャツ
 

江戸物、開発クランク、mibro&KTWLURES、MPB LURES、NISHINE LURE WORKS、OTHERSELF、+ROOMS'、skillful、Stream-Design、Teckel、そしてCURRENT。
みなさんの「少しでも被災地の力になれれば…」そんな想いが詰まっています。


各メーカーロゴの上部には、ニシネルアーワークスのルアーパッケージでもお馴染みの「Ready to Fish?」の文字がプリントされています。
ハッキリ言って、まだ被災された方は釣りに行く気にもならないだろうし、実際に行けないですよね…。
「久しぶりに釣りでも行くか!」
そう思える日が一日でも早く訪れてほしい。
そんな気持ちがあり、ニシネルアーワークス代表の西根博司さんより、大切なキャッチフレーズを拝借いたしました。
そして、Ready to Fish?の「O」の部分には熊本県の形がシルエットになってプリントされています。
どこかに熊本県と分かる何かをプリントしながらも、普段にも釣りにも着やすいデザインにいたしました。

 
 

そして前面には「32N130E」の文字がプリントされています。
これ、何かわかりますか?
正解は「北緯32度 東経130度」と示しており、国土地理院が発表している熊本県の所在する位置になっています。
厳密に言うと、西端は東経129度、東端は東経131度になるのですが、熊本県庁の所在地が北緯32°47'23" 東経130°44'30"にあるので、Tシャツにはこのようにプリントいたしました。
 
 

 
 
<カラー>
ホワイト・ブラック・ライトブルー・ベビーピンクの4色。
プリントされるロゴのカラーは画像の通りとなっており、背面も同じ色使いとなっております。
【ベースカラー】ホワイト → 【プリントカラー】グレー
【ベースカラー】ブラック/ライトブルー/ベビーピンク → 【プリントカラー】ホワイト

<サイズ>
S・M・L・XL・XXLの5サイズ展開。
綿100%(6.2オンス)の丈夫な生地を使用いたします。
サイズ表を参考に計ってみて、お手持ちのTシャツと照らし合わせていただければ、およそのサイズが分かるかと思います。
 
 


<ステッカー&ハットピン>
今回のチャリティーTシャツ企画に賛同してくださったTeckel様より、ステッカーとハットピンを提供していただけることになりました。

 


チャリティーTシャツにご賛同いただいた方全員に、Tシャツ1枚につきピン×1・ステッカー×1セットをお渡しさせていただきます。
ハットピンとは、画像左側に写っているアイテムで、フックの形をしたピンを、帽子のツバに取り付けるものです。
私も持っておりますが、帽子のアクセントになって格好良いですよ!

<受付>
こちらの商品は、ご注文をいただいてから生産を開始する「受注生産品」とさせていただきます。
ご予約の受付は本日(19日)から4月25日(月)の23時59分までとし、ご入金の締切は翌26日の16時00分までとさせていただきます。
※受注生産品のため、先に商品代金をご入金くださいますようお願いいたします。
※予約受付締め切り日以降の変更(サイズやカラーなど)およびキャンセルはご遠慮ください。

<納期>
6月上旬頃を予定いたしております。
※4月21日13時半までにご注文いただきました分に関しましては、5月中旬頃のお渡しを予定。
※納期について、当初のご案内より変更させていただきました。詳しくは、コチラをご覧くださいませ。
▶ソラブログ「チャリティーTシャツ納期についてのご案内」 http://blog.studiosora.net/?eid=232

<価格>
S〜XLサイズ 3,200円(税抜)
XXL〜XXLサイズ 3,500円(税抜)
みなさんからお預かりいただいた商品代から製作費を差し引いた利益分を、日本赤十字社を通じて全額を義援金として寄付いたします。

<支払方法>
銀行振込(ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行)またはクレジットカード決済とし、代金引換はご利用いただけません。

<配送方法>
ゆうパック(全国一律490円)
※北海道と沖縄は別料金となります。
※チャリティー企画のため、通常販売分の商品との同梱発送は致しかねます。
※海外発送をご希望される方は、EMSにて対応させていただきます。お買い求めいただく前に、CONTACTよりお問い合わせくださいませ。

 


前のブログにも書きましたが…。
studio SORAは兵庫県尼崎市に拠点を置いておりますが、ネット販売を専門に行っているためお客様は全国各地に住んでおられ、今回の地震で被害を受けた熊本県と大分県にも大勢のお客様がいらっしゃいます。
お客様とはFacebookやTwitterでお世話になっていることもあり、そのタイムラインには知ってる名前でリアルに被災地の情報が流れています。
TVで目にする被災地の地名では、商品をお送りする際の送り状に書いたことのある地名が、何度も目に入ります。
あまりにも他人事ではなく、何か出来ないかと自問自答しておりました。

今回のチャリティーTシャツ販売を、studio SORAの売名行為や偽善行為だと言う人もいらっしゃるかもしれません。
いや、きっと思われるでしょう。
そう思われても構いません。やらないより、やった方がマシ。
売名であろうが偽善であろうが、それで被害に遭われて困ってる方に届けば、それで良いと思っています。

義援金としてお送りできるのは、売上の全額ではなく利益分だけです。
男気をだして「売上の全額募金する」と言いたい気持ちは山々です。
ただ、私にも守るべき家族と生活があります。
Tシャツを5枚や10枚しか販売しないのなら全額でも寄付できますが、それ以上になると、私の経済力では仕入れ分の代金をお支払いできません。
1枚売れるたびに仕入れ代金の支払いが増え、あまりにも枚数が売れると「もう売れるなー!」となってしまいます。
そんなのは嫌です。1枚でも多く売れて欲しいのです。そして、1円でも多く義援金を送りたいのです。
なので、仕入れ分の代金はいただきます。
もちろん私も定価で購入し、利益分を義援金として送らせていただきます。

みなさんから頂いた仕入れ代金は、Tシャツを製作してくださるCURRENTさんへお支払いたします。
CURRENTさんも今回の企画を快く賛同してくださり、このチャリティーTシャツは破格の安値で作っていただけることになりました。
そこにCURRENTさんの利益は全くありません。
Tシャツ生地の原価を差し引いたお金は、Tシャツのプリント作業をされる福祉作業所へと渡ります。
CURRENTさんで取り扱われる全ての製品は、障がいを持たれた方が働く福祉作業所で製作されています。
一枚一枚丁寧にプリントしてくださる作業所の方々に、その対価が渡るのは当然だと思いますし、それが理念でもあります。
▶CURRENT http://current.jpn.com/

本来なら収支を透明化すべきなのですが、お買い上げいただいた方の人数、売上金額、枚数などのご報告はできません。
CURRENTさんでは、当店の他にも様々なメーカー様がアパレル類やグッズ類の製作を依頼されてます。
ここで私が収支を透明化し、Tシャツの原価を公表することで、他のメーカー様に多大なご迷惑を掛けてしまいます。
ただし、義援金として寄付した金額は勿論ご報告いたします。
銀行振込を予定いたしておりますので、その際に銀行からいただいた金額の明記された控えを、必ず当店のブログやFacebookなどで公表いたします。

チャリティー企画と言うには、あまりにも不透明で適当なものかもしれません。
「こんなものは胡散臭すぎて賛同できない」
そう思われる方は、他の方法で義援金をお送りいただければと思います。
売上の全額を義援金とするものや、日本赤十字社や熊本県に直接義援金を送る方法もあります。
それらの手段をお選びになられるのは、当然の考えであり権利です。

私も、みなさんに疑わしき心を持って買っていただきたくありませんし、それはお互いが不利益なことだと思います。
実際にお会いしたことのある方も何名かはいらっしゃいますが、ほとんどの方は私に会ったこともなく、Facebookやブログの中でしか私の事を存じ上げないかと思います。
そこの「信用」があるのかは、私も分かりません。

それでも良いとおっしゃっていただける方、
このチャリティーTシャツ企画に賛同いただける方、
ただ単にTシャツが欲しいだけでも構いません。

お買い求めいただける方がいらっしゃいましたら、下記URLよりおねがいいたします。
▶studio SORA web store 「熊本災害義援金 チャリティーTシャツ」 http://shop.studiosora.net/?pid=101344788

 

被害に遭われた皆さまに、一日も早く平穏と日常が戻りますように。
そして、笑顔で過ごせますように。
studio SORA
越岡 亮