TOP     SORA     SHOP     ARCHIVE     ENTRY     CATEGORY     CONTACT
<< skillful sukoburu Tyotto | main | 2016.9.11 淀川 >>
2016.09.08 Thursday

2016.9.7 琵琶湖

雨の天気予報を信じて、ローライトコンディションで活性の高いバスを狙うべく琵琶湖へ行ってまいりました。

 

朝からボートを浮かべたのですが、時間が経つにつれて太陽の日差しが湖面を明るく照らします。

天気予報と違う…(汗)

お昼から雨が降るって言ってたし、それに期待だっ!

 

とりあえず、まずは流入河川へ入り、テキサスリグやジグで探るも反応は無し。

「ホントにバス居ないの?」

と思い、フォローでニシネルアーワークスのドロップショットミノーを投入すると、ギュ〜ンっとロッドが吸い込まれて、上がってきたのは?

 

 

ニゴイちゃんw

魚種が違うけど、水深の浅い流入河川で右へ左へナイスファイトを楽しませてくれました。

(バスならファイトを楽しむ余裕が無いですからねw)

ありがとう!!

 

しかし、あくまでも狙いの本命はバス。

流入河川河口近くのロックエリアへ移動し、大きな岩が転がるディープでドロップショットミノーを投入すると、そりゃ釣れる釣れるの入れ食い状態。

 

 

 

サイズは最大でも40cm程でしたが、軽く2桁釣果を達成。

もう、ドロップショットミノー無双状態ですw

ドロップショットミノーの食わせ能力は半端無いので、サイズアップを目指してディープエリアをランガンすれば良いのですが、ワタシのボートじゃそんな事も出来ず…。

そもそも、ディープでエリアで釣りをする経験が乏しいので、どこで釣りをすれば良いのか分からないw

 

って事で、やっぱりシャローエリアへ移動。

ヒシ藻マットへ3/4ozテキサスリグを投入すると、すぐにバイトがあるのですがフッキングに至らず…。

そこで、思わずドロップショットミノーの3/8ozドロップショットを投入すると、やっぱ釣れちゃうんですよねw

 

 

何故かドヤ顔w

 

水深7mのロックエリアから、魚探に水深が表示されないほどのシャローエリアまで、この日はドロップショットミノーに楽しませてもらった一日でした。

食わせ能力の高さは素晴らしいので、サイズアップを目指すのはアングラーのサカナを探す能力の問題ですね…(汗)

頑張ろうっと。

 

って、雨は…?