TOP     SORA     SHOP     ARCHIVE     ENTRY     CATEGORY     CONTACT
2017.10.13 Friday

mibro NOMAD(ノマド)

 

 

「日本中を釣り歩く全ての遊牧民へ」
 
タックルが制限されるアルミボートやレンタルボート。1〜2本のタックルでゲームマネージメントを行うバンクフィッシャーマン。
そして、ホームレイクを持たず、コンパクトなバゲッジで日本中を釣り歩く全てのノマド(遊牧民)アングラー達に向けたロッドブランドをmibroがご提案します。
 

 
お待たせいたしました!

塚本謙太郎さんと鈴木孝典さんがコンビを組み、ルアーのみならず様々な魅力的なアイテムを展開する「mibro」より、マルチパーパスロッド「NOMAD(ノマド)」のスピニングモデルが入荷いたしました!
 

 

 

 

全てのアイテムがユーティリティプレイヤーであり、スペシャリスト。
幾つもの役割を持つ事を前提に設計されたブランクと、あらゆる場面を想定したコンポーネンツによって構成されております。
また、全ての装飾を排除したネイキッドスタイルは必要な部分に、必要な部品だけを配置した適材適所コンセプト。
中弾性のトルクフルなブランクながら軽快なハンドリングと、コンパクトなグリッピングを実現しました。
モノフィラメント(ナイロン、フロロ)、ブレイド(PE)の全てに対応するガイドセッティングにより、太いナイロンでも、PE+フロロリーダーでも抜群の飛距離と操作性を誇ります。
1本1本の守備範囲が極めて広い為、より少ない本数でゲームを組み立てる事が出来ます。
ラインの太さや左右の巻きを替えたリールのスペアを持つ事でフィールドの変化に即応する事が出来る為、滅多に来れない場所で歯がゆい思いをする事がありません。

 

 

mibro広告より抜粋

 

ブランク

 

実際に何度も現地へ赴き、工場選定から技術者とのディスカッションを経て実現したmibroオリジナルブランク。

プリプレグのパターン、マンドレルのデザインまで指定し、グリップエンドまで貫通した完全ブランクスルー構造の中弾性ブランクは、ジャパンロッドの繊細さと、アメリカンロッドのトルキーさを併せ持つ、まさにハイブリッドカスタムロッドの根幹となっています。

 

 

スピニングモデル

 

リールシート:

まさに必要最小限。不必要な物を全て省いたネイキッドスタイルのリールシート。
2フィンガー、3フィンガー、4フィンガーと全てのホールドに対応する究極のスタイルです。

 

 

 

バッドエンド:

EVAとハイカコルクを組み合わせたmibroオリジナル形状のバットエンド。
キャスト、ルアー操作、ファイト時における人間の動作を考慮した形状です。

※スピニングモデル・ベイトモデル共通です。

 


 

 

ガイド:

鋭敏で繊細な操作感と、ラインシステムを選ばない遠投性能を徹底的に追及したガイドセッティング。

チョークガイドに大口径KWガイド(S-63L:25mm径、S-68Mは30mm径)を使用する事により、ライン放出時におけるチョークガイドへの糸絡みが激減。
スパイラルがガイドを叩く振動も収まり、大幅な飛距離アップを実現しました。

 


 

 

フックキーパー:

ブランク上部斜45度にセットされた小型のフックキーパーは、リールからのラインスパイラルを避け、あらゆるホールド時に邪魔にならない位置になるよう緻密に計算されセットされています。
リールシートに近接する事で、ホールドの難しいドロップショットシンカーを保持し、移動時の負担を軽減しています。

 

 

 

 

 

 

■S-63L

スーパーフレキシブルなチューブラーティップを持ったエキストラファーストテーパーのパワーフィネスロッド。
3”クラスのノーシンカーワームを使ったリアクションアプローチや、杭が立ち並ぶ危険なエリアでのドロップショット。
グラスベットでのネコリグなどにおいて、極繊細な食わせと、圧倒的主導権を両立させたモデルです。
特殊なガイドセッティングによりライン放出がよい為、PEラインを使った虫パターンでもピンポイントにキャストし易く、リーダーシステムを組んだビッグバス狙いの釣りでも、接続部分がチョークガイドに絡まる事が少なく、圧倒的な飛距離で遠くからアプローチする事が出来ます。
誘う、食わせる、獲るを1本のブランクスに纏め、あらゆる場面で邪魔にならずに主役を張れるスーパーサブを目指して開発されました。
ノーシンカーリグ、ジグヘッドリグ、ドロップショットリグ、ネコリグ、虫パターン、サスペンドシャッドプラグ etc.
ライン:3〜8lb(0.6〜1.0PE) / ウエイト:1/32〜1/4oz
販売価格:32,000→28,800円(税抜き)

 

■S-68M

63Lとは対照的にティップまで張りを持たせたパワースピニングモデル。
ベイトロッドのようなパワーが必要でありながら、スピニングリールの方がアプローチし易い釣りの為のパワースピンです。
大口径チョークガイドによる圧倒的な飛距離が、高比重ノーシンカーによる対岸へのアプローチを簡単なものにしてくれるでしょう。
テキサスリグ、ジグヘッドリグ、シェイキーリグ、ノーシンカーリグ、キャロライナリグ、チューブジグ etc.
ライン:4〜10lb(0.8〜1.2PE) / ウエイト:1/16〜5/16oz

販売価格:32,000→28,800円(税抜き)

 

 

studio SORA web store

 

塚本謙太郎さんと鈴木孝典さんがおくるマルチパーパスロッド「NOMAD(ノマド)」は、studio SORA web storeにて販売中です。

是非よろしくお願いいたします!

 

 

【mibro】ノマド(スピニングモデル)

モデル:S-63L / S-68M

販売価格:32,000円→28,800円(税抜き)

http://shop.studiosora.net/?pid=122249537

 

 

ベイトモデル

 

ベイトモデルも、引き続きご予約を承っております。

是非よろしくお願いいたします!

 

 

【mibro】ノマド(ベイトモデル)

モデル:C-68ML / C-68M / C-68MH / C-72MH

販売価格:32,000円→28,800円(税抜き)

http://shop.studiosora.net/?pid=122251056

 

 

臨時休業のご案内

 

誠に勝手ではございますが、10月16(月)〜17(火)は臨時休業とさせていただきます。
ウェブストアからのお買い物は可能ですが、受注確認メールの送信、入金の確認、商品の発送、お問い合わせのお返事などは、翌営業日以降の対応となります。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

2017.10.11 Wednesday

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ではございますが、
10月16日(月)〜17日(火)は、臨時休業とさせていただきます。
 
休業期間中もウェブショップでのお買い物は可能ですが、入金の確認、商品の発送、お問い合わせへの返信などは、翌営業日の18日(水)以降の対応となります。
期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2017.09.28 Thursday

ニシネルアーワークス デカビーツァMG5

ニシネルアーワークスさんより、デカビーツァMG5レギュラーカラーと、当店オリジナルのソラスメルトが入荷いたしました。

 

 

 

 

ニシネルアーワークスの数あるルアーの中でも、断トツのビッグバス率を誇るのがデカビーツァMG5。

ビッグサイズのフラットサイドクランクにカテゴライズされるかもしれませんが、まるでビッグベイトに近いような破壊力を秘めています。

 

水温が低下し、クランクベイトにバスが反応しやすい季節になりました。

是非デカビーツァMG5で、秋のクランキンゲームをお楽しみください!

 

 

studio SORA web store

 

 

【NISHINE LURE WORKS】デカビーツァMG5

全長:95mm / 自重:26g / 販売価格:4,000円(税抜き)

http://shop.studiosora.net/?pid=82189778

 

 

【NISHINE LURE WORKS】デカビーツァMG5 ソラスメルト

全長:95mm / 自重:26g / 販売価格:4,200円(税抜き)

http://shop.studiosora.net/?pid=116428206

 

 

フックについて

 

こちらの商品にはフックが付属しておりません。別途ご用意くださいますようお願いいたします。


刺さりと強度が抜群な、ICHIKAWA FISHING「RCカマキリ」がオススメです。
http://shop.studiosora.net/?pid=116976029
(推奨フックサイズ 前#2 後#2)

 

 

販売個数制限

 

少量入荷となっております。
お一人でも多くの方にお使いいただけるよう、誠に勝手ながらお一人様各色1個限りの販売とさせていただきます。
ご理解くださいますようお願い申し上げます。

2017.09.26 Tuesday

六度九分 バズボン

六度九分さんより、フロントバズのトップウォータープラグ「バズボン」が入荷いたしました。

 

 

【六度九分】バズボン

 

 

マーマーやタナタロウと同様に、一目で六度九分作品と分かる可愛らしいビジュアル。

しかし、行友光さんの作るルアーは何も見た目に優れているだけではありません。

どんなルアーなのか?ブログを引用させていただきますと…。

 

 

トップウォータープラグの中で、バズボンはいったいどういう立ち位置になるのかについてちょっと考えてみました。
ポッパー的なのか、スイッシャー的なのか、はたまたノイジー系に属するのか。
フロントバズのルアーはトップ業界ではポツポツ見掛ける事もありますが、あんまりメジャーなジャンルのルアーではないと思うので私見を書いてみます。

 

まずはバズボンをただ巻きのルアーとして考えた場合。
いわゆるハネモノやビッグバド系のように、スロースピードで扱うルアーとして捉えると、音、曳波ともにやや弱めです。
反対にステルスペッパーやビハドウのようなサイレントプロップベイトと比べると、大きめのバズペラが付いているぶん水を攪拌する力が強いです。
バズボンのルアーとしての強さは、この二つのタイプのルアーのちょうど中間ぐらいだと私は考えています。
巻き抵抗もちょうど中間ぐらいです。

 

巻きスピードを上げて、バズベイトに近いルアーとして扱った場合は、中サイズのペラ(参考までにバズベイトのパテントペラには大中小があります。)のバズベイトの感じをイメージしてもらえればと思います。
ただバズボンのペラは、パテントペラと違いスロースピード寄りにセッティングしてあります(いわゆるバズペラはかなり水が抜けるように作ってありますね)。
当たり前ですが、バズボンはバズベイトと違って、ポーズを絡めて使う事も多いルアーです。
そうすると、軽いロッドワークで反応してくれるブレードの方が、単純に誘いの幅が増えるのでそういうセッティングに落ち着きました。
ちなみにこの手のルアーはただ巻きでボディが回転しがちですが、バズボンはスピードを上げても回転しません。
波に食われると、つまりボディが水中に突っ込んでしまうとダメですが、ロッドを立てて巻けば大体大丈夫です。

 

次はロッドワークで誘うルアーとして考えた場合。
琵琶湖の超定番トップウォータープラグと言えばポッパーですが、これはシンプルに「小さいシルエットで大きい音が出せる」点が定番化した理由だろうと思います。
ウィードジャングル化した水中から、ルアーを発見してもらうためのサウンド。
且つ一口サイズのシルエット。
大事です。
バズボンを作る際も、当然その点を考えさせられました。
バズボンのペラをいわゆるバズペラにした理由の一つはここにあります。
しっかりしたサウンドを出せる事。
ポッパーのようなボコッという音とは違いますが、言うなればジャブっという強い音を作りました。
ただ、ロッドワークで出す音に関してはタックルセッティングで大きく変わってくるので(この辺もテスト中にずいぶん学びました)、一筋縄ではいきません。
練習あるのみ。

 

弱い動かし方をするときは虫、もしくは何かしらの弱った生き物をイメージして使っています。
バズボンはペラの水噛みが良くかつ大きめなので、小さいペラのピクピクとした細かい波動というよりは、ペラの一回転がフワッフワッというもうちょっと水を押す感じになります。
分かり辛いですね。
すみません。
表現力の限界です。

ペラを半回転だけさせるくらいの、繊細なロッドワークへの反応も良好です。

 

六度九分のNIKKI「バズボン解説」より引用

 

 

使い手の巻き方とロッドワークで、様々なアクションに対応するバズボン。

カラーは「WCB」「Sgill」「96」の計3色が入荷いたしております。

いずれも少量の入荷のため、誠に勝手ではございますがお一人様各色1個までの購入制限を設けさせていただきます。

お求めは、studio SORA web storeよりお願いいたします。

 

 

studio SORA web store

 

【六度九分】バズボン

全長:73mm / 自重:19gクラス / 販売価格:5,000円(税抜き)

http://shop.studiosora.net/?pid=122822005

多くの方にお使いいただける様、お一人様各色1個までの販売とさせていただきます。

2017.09.19 Tuesday

本日より通常営業

9月8日(金)からいただいていた長期休業も終わり、本日より通常営業となっております。

 

 

 

 

期間中は、カナダはオンタリオ州まで飛び、ニシネルアーワークス西根博司さんのご自宅へお邪魔しておりました。

ナイアガラリバー、そしてレイクエリーで経験した釣りの模様は、またブログ等でご紹介させていただきたく思っております。

 

長期にわたる休業で、ご利用のお客さまには大変ご迷惑をお掛け致しました。

この経験を活かして更に前進してまいりますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます!